Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
PukiWiki最新記事
リンク
シャンパン・ドンペリ価格情報
ドンペリ紹介・価格情報
貴腐ワイン・甘口ワイン通販
サイトモール
メイド服を通販でゲット!
お酒の市場
流行の市場
趣味のプログラム工房
デジカメ・カメラの市場
ブランデー・ウイスキーの通販専門店
自動リンクネットワーク


管理人へのメールはこちらまで
zereru@yahoo.co.jp
Counter: 2143, today: 1, yesterday: 0

シェリー

シェリー(英:Sherry、西:Jerez ヘレス)はスペインで作られる酒精強化ワインの一つ。
スペイン南部アンダルシア地方カディス県の町ヘレス周辺の三角地帯(エル・プエルト・デ・サンタ・マリア、サンルーカル・デ・バラメダ、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ)とその周辺だけで作られる。

原料となるブドウはパロミノ、ペドロ・ヒメネス、モスカテルの三種。

発酵が進行しアルコール度が11~12%になった白ワインの表面には、フロールと呼ばれるシェリー特有の酵母膜が現れ、これがシェリー特有の味を作っていく。
熟成法によって「フィノ」と「オロロソ」に大別され、酒精強化時にフロールの成育限界(アルコール度数16%)を超えないように調整されたものがフィノ、超えるように調整されたものがオロロソとなる。
試飲によって分けられ、やさしく繊細な味のものはフィノ用に、ボディのしっかりしたものはオロロソ用などにまわされる。

フロールによって表面を覆われたままのフィノは酸素と遮断されるので薄い色調で繊細な味わいになるのに対し、オロロソはフロールがなくなることにより酸素と触れるので、色は琥珀色になり独特の芳香を持つようになる。

樽に移されたシェリーは「ソレラ・システム」という独特の方法で熟成される。段々に詰まれた樽は、上にいくほど新しく、下に行くほど古い。
出荷する時はは一番下の樽から取り出し、減った分は上から補充する。
決して一度に大量に抜いたりはせず、少しずつ取り出され、その分を補充する為、味は常に一定となる(一番下の樽にはかなり古いものが少量混じっていることになる)。
最終出荷樽をソレラ樽といい、熟成途上樽をクリアデラ樽という。

熟成期間は最低でも3年、長いものでは100年以上に及ぶこともある非常に長命なワインである。

細かい製造法・熟成法の違いによって、上記の二種類の他にも「アモンティリャード」「マンサニージャ」「クリーム」など約25種類製法、1000種類ものラベルがあり、甘口、極甘口、辛口に大きく分類される。

基本的なタイプ
フィノ
アモンティリャード
オロロソ
ミディアム・アモンティリャード
クリーム
ペドロ・ヒメネス
マンサニージャ
モスカテル

希少価値の高いタイプフィノ・アモンティリャード
アモンティリャード・フィノ
パロ・コルタド
ドス・コルタドス
トレス・コルタドス
マンサニージャ・パサダ
マンサニージャ・アモンティリャーダ
アモンティリャード・デ・サンルーカル
ミルク
ブラウン
イースト・インディア

非伝統的なタイプ
ミディアム
ゴールデン ……(注)名称は古い
ペール・クリーム


XOOPS Cube PROJECT
Powered by zereru ; 2007 無断転載禁止