Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
PukiWiki最新記事
リンク
シャンパン・ドンペリ価格情報
ドンペリ紹介・価格情報
貴腐ワイン・甘口ワイン通販
サイトモール
メイド服を通販でゲット!
お酒の市場
流行の市場
趣味のプログラム工房
デジカメ・カメラの市場
ブランデー・ウイスキーの通販専門店
自動リンクネットワーク


管理人へのメールはこちらまで
zereru@yahoo.co.jp
Counter: 2053, today: 1, yesterday: 0

アイスワイン

凍ったブドウを原料に作られるワインのこと。
アイスワインは、天然状態で凍ったブドウから生産されるワインである。水分は凍るが糖やその他の固体成分は凍らないため、濃縮された非常に甘い極甘口ワインとなる。

また、ドイツではワインの格付けの名称(ランク)の一つで、エクスレ度が120エクスレ以上のもののみ名乗ることが出来る。

アイスワインは通常のワイン用葡萄が収穫される秋ではなく、葡萄の実をあえて樹につけたまま冬の到来を待つ。
そして、零下が続く厳冬期になり、零下8度を下回った早朝、自然に凍った葡萄を選果しながら、一房ずつ丁寧に手摘みしていく。
収穫した葡萄はすぐに凍ったまま圧力をかけて一気に搾られる。
すると葡萄に残った僅かな水分は凍ったままで、零下でも凍らない甘みと香りの凝縮された果汁だけが搾られます。

その量は葡萄一房からわずかスプーン一杯程度。
通常のワインと比べると約8分の1程度と言われています。
そうして得られた大切な果汁は、6ヶ月近く、通常のワインのおよそ8倍の時間を掛けて丁寧に発酵させられ、ようやくアイスワインは出来上がる。

また、アイスワインは国際商標にも登録されており、ドイツ、オーストラリア、カナダで作られたもののみが名乗ることが出来ます。
よって、日本産アイスワインというものは存在しません。

アイスワインは1794年の冬、ドイツで世界で初めて作られた。
その年は予想もしない霜に襲われ、熟した葡萄が凍ってしまい処分することになったが、貧しい農民たちは、捨てるはずの葡萄で僅かなワインを造ったところ、とても甘みの強い、芳醇な香りのワインが出来上がりました。
この奇跡的な偶然から生まれたのがアイスワインなのです。
ドイツでは格付けとして、アイスワイン(アイスヴァイン)という格付けが存在します。


XOOPS Cube PROJECT
Powered by zereru ; 2007 無断転載禁止